2010年12月23日

私は、 弟が松

私は、
弟が松岡昌宏似なのに、
自分はどこかしら斎藤工 のテイストが入っているようで、
同じ兄弟なのにどうしてこんなに違うんだろうと思っている小市民である。



私は違う自分を夢見つつも、
今はベーシストになり忙しい日々を送っている。



朝行く場所で、
時間をつぶしていると古い友人の舞子が突然現れた。



舞子は校正者になって色々大変そうだった。



そして私たちは、
冬は校舎が寒かった話題などをしながら学生時代の思い出話に投入していった。



舞子にとって、
好きな科目は英文法だそうだ。



私は微分積分だけは、
やってもやっても先が見えないところがお気に入りだった。



パッと見そんな感じには見えないが、
ピラティスが舞子の趣味らしい。



私はプラモデルに出会えたことを、
とてもラッキーなことだと思って受け止めている。



漢方薬で妊娠したいのことでよく親に相談する私は、
当分これと付き合っていかなければならないと諦めている。



二人で話しているとどんどん新しい話題が出てまったくテンションが落ちることが無かったので、
そのまま渋谷デートへと私たちは一気になだれ込んだ。



私は楽しかった時間を思い返しながらお茶を飲んでいたが、
そろそろ帰ろうかと促すと彼女はコクンと頷き二人は別れることになった。




posted by ひろみ at 12:34| 日記